NO7 村橋久成

(むらはし ひさなり)

幕末、23歳で藩命にて英国に留学し、近代化の最前線を目の当たりにする。

帰国後、開拓使の官史になり現在の「サッポロビール」の前身である、麦酒醸造所の北海道建設を計画し実行した人物。

 

当初、政府は東京に醸造所を造る予定だった。

しかし村橋は…「北海道に醸造所を造る事が、日本の発展に繋がる!!」と訴え、政府を説得した。

 

札幌に酒造醸造所が建設される事にともない、鉄道がひかれ、雇用が生まれ、人口が増え、北海道は発展を遂げ、計画は成功を収めた。

 

この村橋久成という、「熱い男」がいなければ、現在ほど札幌は発展していないだろう。

 

その後、ビール事業を民間に払い下げる動きのなかで、「政治的な思惑や、癒着(ゆちゃく)」が我慢できず官史を辞職し姿を消す。

最後は神戸の路上で行き倒れ、この世を去る。

 

村橋はサムライとして死ぬことを選んだのかもしれない!!

CONTACT

junojimaru@gmail.com

​​日本鹿児島県

  • White Facebook Icon